どんな流れで作業をするのか

自動車に自分自身で乗っているなら忘れてはいけないのが車検の存在です。新車なら3年後、それを過ぎれば毎年2年に1回行います。車検証を見れば有効期限が記載されているので、記載されている日付の1ヶ月前から作業してもらうことが可能です。一般的には購入したお店やディーラーなどを利用して行いますが、最近は複数の業者で見積もりを出して料金の比較をしてから選ぶ方も増えています。基本的には見積もりを出してもらい、実車を見てきちんと料金を出して問題ないと思えば予約を取ってその当日に契約をしたお店に持ち込み、予定した日数で仕上げてもらえば完了です。慣れているお店を選ぶ方もいれば、安さ重視という方もいるので、きちんと料金や内訳は確認して決めることもポイントになります。

気をつけておきたいこと

車検で一番重要なことは、有効期限が切れないように済ませておくことです。期間が過ぎてしまうと慌ててお店に駆け込みたくなりますが、何もせずに車検切れ自動車で運転をしてしまうと「無車検車運行」といって交通違反になってしまいます。罰則もかなり重いため、ばれないだろうと思ったりせずに、業者に依頼してどのように対応すればいいのか確認して、トレーラー等を使って運送して作業をしてもらうと安心です。また、見積もりを複数の会社に出すのも当たり前になりつつありますが、安かろう悪かろうにならないように疑問があれば問い合わせるようにしましょう。合わせて必要書類を準備したり、予約した日程で遅刻しないようにお店に預けられるようにして下さい。

安全に車を乗るためには、定期的な車検が必要となります。広島県にお住まいなら、広島の車検で定期的な点検をして、安全を維持しましょう。